歌とコントラバス、とてもシンプルでめずらしい
お父さん、お母さんにリラックスした時間を楽しんでもらうコンサート
もちろん赤ちゃんのために

0〜3歳向け乳幼児作品「チリンとドロンのコンサート」

どろん


松本野々歩(まつもとののほ)
歌、フィドルほか
野々歩は「ロバの音楽座」のリーダー松本雅隆を父に持ち、幼少の頃から音楽に触れ、子どもたちに向けて創作活動している姿を間近で見て育つ。その影響から自身がリーダーのバンド「コケストラ」では親子向けコンサートを全国で行なったり、絵本作家で音楽家の中川ひろたか氏と共に「ON'S」としてもコンサートやCD制作に携わっている。

チリンとドロン

ちりん


田中馨(たなかけい)
コントラバスほか
田中馨はインストバンド「サケロック」のメンバーとして10年間活動。ベーシストとして、多方面のアーティストからの熱い指示を受けている。その他、劇団ペンギンプルペイルパイルズや、ほぼ日刊イトイ新聞のフードスタイリスト飯島奈美のレシピに楽曲を提供。またアレンジャーとしても活躍している。



ちりん どろん
どろ

<寄せられた感想文より>

●ほんわかした雰囲気でいやされました。子ども向けの音楽会なので、動き出してもはらはらせず、安心できました.娘も大事びしていました. ありがとうございました。

●久々に・・・ではなかった。初めでとういう感じの音が聞けて楽しかった。美しかったです.風邪ふきとぴそうです。足で打つ太鼓(タンプリン??) フィドルの音、本当〜〜〜にすてきでした。声がとってもきれいで豊かでした。また聴きたい!

●とてもかわいい歎声。やさしさに包まれるようでした.大きいけどソフトな楽器の音色との調和がすごかったです!

●とっても心地良い音凝と声、演奏に、ほんのひととき、酢いしれました.やさしくって、温かい気持になれますね.耳に心地良く音楽が残っています。

●最初、森の中へ迷い込んだような気がしました.日常から少し離れて、あたたかい歌声がきけて、良かっ
たです。野々歩さんの歌声は、小さな子どもたちには (親にも}ぴったり!お二人とも自然体で、とてもよ かったです.

チリンとドロン
(チリンドロンはスペイン語でカルタの意味)

野々歩と田中馨は「ショピン」として2006年より共に活動している。2012年4月より、ショピンの楽曲がNHK「おじゃる丸」のエンディングテーマとして起用され現在放送中。野々歩が歌う公共広告機構のテレビCM「あいさつの魔法」が震災後たくさん放送され多方面からの反響を受け、子どもたちやお父さんお母さんのために歌い、演奏する事について今一度考えるきっかけとなった。
そのような二人が赤ちゃんに向き合い、お父さん、お母さんに聴いてほしい音楽を奏でる。

ちり


ショピンのHPpost mail  ショピンのPVpost mail   野々歩のHPpost mail   田中馨のHPpost mail

チリンとドロンのお問合せは ロバハウスまで
(ロバの音楽座・カテリーナ古楽合奏団・クルムホルンレコード)
〒190-0002 東京都立川市幸町6-22-32ロバハウス
042-536-7266/FAX:042-536-7968
メール・コンタクトはメッセージフォームへpost mail

ロバハウスへ戻るpost mail