スケジュール | ロバハウス | アクセス | ロバの学校 | 掲載記事 | 楽器館 | 古楽市場 | English Page| コンタクト


ロバの音楽座の公演デモ動画はこちらへ
公演のギャラリーページはこちらへ


最新作 「コンサートのぼうけん」



プレゼンページを設けました。こちらへ

コンサートは心の中の冒険
子どもたちはいつもタカラさがしヲしている冒険者
明日を作る勇気ある彼らに
古くて新しいむかしむかしの楽器ヲ
あえて今の時代に演奏したい

作・構成・演出:松本雅隆、 初演 2015年2月
編成人数:5〜6名(キャストのみ)  上演時間:1時間15分(休憩なし)
対象:幼児から大人まで、幼・保育園、小学校、児童館、サークル、子ども劇場
理想観客数:200〜500名
会場条件:小・中ホール、など

プレゼンページ →



  「オンガッカイ」



プレゼンチラシを設けました。こちらへ

しなやかな子どもたちの感性に響く 30種類以上の
素朴な古楽器やオリジナル空想楽器によるアンサンブル
身体がよろこぶロバの音楽を聴くと
あたたかい夢がやってくる


初演 2014年10月
編成人数:4〜5名(キャストのみ)  
上演時間:1時間5分〜20分(状況に応じ休憩あり)
対象:幼児から大人まで、幼・保育園、小学校、児童館、子ども劇場 その他
理想観客数:100〜350名
会場条件:小ホール、教室、体育館、会議室、他

プレゼンチラシを設けました。こちらへ


  「森のオト」

森のオト

森のオト galleryページを設けました。こちらへ
プレゼンチラシを設けました。こちらへ 感想文あり

ロバの音楽座30周年記念作品
多種多彩な古楽器と空想楽器による
やわらかくて気持ちいい森のような音楽会

子どもから大人まで楽しめるコンサートです。
詳しくは森のオトページへ



作・構成・演出:松本雅隆、 初演:2011年6月
編成人数:5名(キャストのみ)  上演時間:1時間15分(休憩なし)
対象:幼児から大人まで、幼・保育園、小学校、児童館、サークル、子ども劇場
理想観客数:200〜500名
会場条件:小・中ホール、体育館、会議室など

チラシのPDF → (ダウンロード)   



  「らくがきブビビのコンサート」

ぶびび もっと詳しく→
(写真・感想文 など資料のページを設けました)
平成23年度児童福祉文化賞推薦作品

もっとあったか もっとゆかい もっと音のらくがき 
「らくがきブビビのコンサート」は、ロバの音楽座の25周年を記念して創られた作品です。舞台では、自然の香り豊かな数々の古楽器や、未来へ向けて音楽や楽器の可能性を託したオリジナルの空想楽器が登場します。カラクリ満載の「らくがきブビビ」の舞台は、子どもも大人にとっても限りない夢と好奇心をコチョコチョッとくすぐります。
子どもから大人まで楽しめるコンサートです。


作・構成・演出:松本雅隆、 初演:2008年6月
編成人数:5名(キャストのみ)  上演時間:1時間10分(休憩なし)
対象:幼児から大人まで、幼・保育園、小学校、児童館、サークル、子ども劇場
理想観客数:200〜500名
会場条件:小・中ホール、体育館、会議室など

チラシのPDF → (ダウンロード)   

映像デモはこちら→flash  youtube



  「旅する音楽会」

過去から未来へ 時空を超えて音さがしの旅に さぁ出発

ロバの音楽座と
過去から未来へと時空を超え 音さがしの旅に出る
客席は音楽を旅する赤い飛行船の座席となる


作・構成・演出:松本雅隆、  初演:2008年6月
編成人数:5名(キャストのみ)  上演時間:1時間30分(休憩なし)
対象:高学年向け、可能な範囲は低学年から大人まで、
小学・中学・高等学校、子ども劇場  理想観客数:200〜500名
会場条件:小・中ホール、体育館、会議室など
チラシのPDF (ダウンロード)

  「ガラン・ピー・ポロン音楽会」

ロバの音楽座の名を全国に広めた大ヒット作品。
ガラン・ピー・ポロン!それはステキな音楽会の合言葉。古楽器や空想楽器により繰り広げられる「ガラン・ピー・ポロン音楽会」は、昔むかしの素朴で温もりのある音のシーンを、そして新たな音楽の可能性を古楽器の演奏やコーラス、仮面劇など様々な手法で表現します。 

作・構成・演出:松本雅隆、上野哲生  初演:1991年 
編成人数:9名(キャスト7名、スタッフ2名)
上演時間:1時間30分(休憩なし)  対象年令:幼児から大人まで
理想観客数:400〜800名  会場条件:ホールなど


映像デモはこちらへ→flash  youtube

  「愉快なコンサート」

もっと詳しく

ロバの音楽座で最もオーソドックスな定番、年令や会場、人数に応じてアレンジできる作品です。中世・ルネサンス時代の古楽器や空想楽器を使い、奇想天外かつファンタスティックな音と遊びの世界を繰り広げる。楽器を人形に見立てた愉快な音のパフォーマンスなど、心ぽかぽか胸ワクワク満載の音のおもちゃ箱です。

作・構成・演出:松本雅隆、上野哲生  初演:1984年 
編成人数:4〜5名(キャストのみ)  
上演時間:1時間5分〜20分(状況に応じ休憩あり)
対象:幼児から大人まで、幼・保育園、小学校、児童館、その他
理想観客数:100〜350名(小学校では450名まで)
会場条件:小ホール、教室、体育館、会議室、他

厚生省中央児童福祉審議会特別推薦文化財作品


東京都優秀児童演劇選定優秀賞受賞作品
「ジグの空想音楽会」

もっと詳しく

ロバの音座のホール向け作品。過去と未来が空想の船に乗って行き交う音と遊びの世界。今最も斬新な子どもの舞台。
「ジグの空想音楽会」には、子どもたちのジグを刺激する空想的な音の現象が、ある時はサーカスのように、ある時は広場の祭りのように展開される。全体の文脈にさしてつながりはないが、何処かのミュージアムで古代から現代までの作品を体験するように、聴く者それぞれが、それぞれの空想の旅にでる。  


作・構成・演出:松本雅隆、上野哲生
初演:1995年 総ステージ数:約90st
編成人数:9名(キャスト7名、スタッフ2名)
上演時間:1時間30分(休憩ナシ)
対象年令:幼児から大人まで
理想観客数:400〜800名
会場条件:ホールなど

 映像デモはこちら
 flash  youtube


  「トーナドーナの音楽会」


もっと詳しく

「トーナドーナの音楽会」は「ガランピーポロン音楽会」「ジグの空想音楽会」に続くロバ三部作の完結編です。トーナドーナとは、深い森に住む音楽の大好きな妖精の名前。ロバの音楽座は音さがしの果てに、やっとある森にたどり着きます。その森はちょっとヘンチョコリンな森。トーナドーナが喜んでくれないと世の中が暗くなる。だからロバの音楽座はトーナドーナを喜ばせようと世界中で探してきた音、空想の国の音、そして世界に二つとない音楽をトーナドーナのためにきかせます。
 

作・構成・演出:松本雅隆、上野哲生 初演:2000年7月 
編成人数:9名(キャスト7名、スタッフ2名)
上演時間:1時間30分(休憩ナシ)
対象年令:幼児から大人まで
理想観客数:400〜800名
 会場条件:ホールなど  
映像デモはこちら
flash  youtube


  「ガランピーポロン」

全国約500ヶ所を駆け巡ったロバの音楽座の代表作「ガラン・ピー・ポロン音楽会」をベースに、小、中会場向け作品「ガラン・ピー・ポロン」が新たに誕生した。音楽をもっと身近に 音楽をもっとあたたかく、こどもとおとなのための音と遊びのファンタジー。

初演:2003年9月  編成人数:5名(キャストのみ)
上演時間:1時間5分〜20分(休憩なし)
対象:幼児から大人まで、幼・保育園、小学校、児童館、サークル、子ども劇場
理想観客数:200〜500名
会場条件:小・中ホール、体育館、会議室など




 
0 〜 3 歳のためのコンサート 「ポロンポロン」

もっと詳しく

0才から3才の乳幼児を対象とした、円形に取り囲んで四方どこからでも観られる、新しいスタイルの音楽会。あたかも広場で音楽に出会うような、柔らかな雰囲気を醸し出します。聴かせるという姿勢ではなく、音楽の広場に居合わせるというイメージで、私たちは基本的に円形の中央で内側を向き演奏します。そしてどこからも至近距離で楽しめます。 

初演:2004年8月 編成人数:4名(キャストのみ)
上演時間:40分(休憩なし)
対象:0〜3才までの乳幼児と大人、
理想観客数:40〜100名
会場条件:会議室、
平土間の小さなホール 等
 


  「もけらもけらコンサート」


山下洋輔+ロバの音楽座

「もけら」の絵本を楽譜にしてジャズと古楽器の不思議なセッション。水戸芸術会館など様々なホールで大好評。

山下洋輔作、絵本「もけらもけら」より
構成・演出:松本雅隆、上野哲生
初演:1992年 現在までの総ステージ数:12
編成人数:13名(キャスト7名、スタッフ6名)
上演時間:1時間50分(休憩あり)
対象年令:低学年から大人まで



それぞれの公演スケジュールはこちらへ

カテリーナ古楽合奏団の作品はこちらへ

公演についてのお問い合わせは下記にお願い致します。
ロバハウス
〒190-0002 東京都立川市幸町6−22−32
PHONE:042−536−7266/FAX:042−536−7968