スケジュール | ロバハウス | アクセス | ロバの学校 | 掲載記事 | 楽器館 | 古楽市場 | 投稿欄 | English Page | コンタクト

中世・ルネサンス時代の音楽を独自のスタイルで演奏し、百の音色を持つと云われる古楽合奏団

今、一番新しい音楽

「カテリーナ古楽合奏団」が手にする諸楽器は死に絶えた古楽器ではない。伝統楽器として、洋の東西に生きつづけ、展開しつづけている人間味あふれた楽器なのである。したがってその音色は、特定の地域としてのヨーロッパのものでもなく、日本のものでもない。近代化の過程で歪められた音の氾濫する現代社会にあって、本来の人間性豊かな音を甦らせてくれる音、日本はもちろん世界中が、いま必要としている音楽だといえよう。彼らが演奏する楽曲は、その名に反して "古楽" ではない。楽器と同様、古楽のあり方に素材を求めての現代の音作りである。彼らの目指す "素朴で人間味あふれる" そして"今一番新しい音楽"である。                (音楽学者:江波戸 昭)


中世・ルネサンスの素朴で豊かな喜びの音楽を新旧のメンバーで奏でる
カテリーナ古楽合奏団
「中世・ルネサンス音楽会」
11/4(木) 13:30〜完売 16:30〜 ロバハウス
出演;カテリーナ古楽合奏団     チラシ
松本雅隆:バグパイプ・プサルテリウム・クルムホルン 他/上野哲生:リュート・サズ・サントゥール 他
千葉潤之介:ヴィオール・リコーダー 他/長井和明:セルパン・サックバット 他
斉藤和久:フィーデル・ヴィオール 他/岡田啓:ドゥルシアン・ショーム 他
松本更紗:ヴィオール・踊り 他/蔡怜雄(guest):太鼓・サントゥール 他
チケット:4,000円(当日4,500円)   チケットはこちらから3/25オーダー  発売中!
就学前のお子さんの入場はご遠慮ください

ロバハウスのアクセスはこちらから(pdf)

カテリーナ古楽合奏団のもくじ




カテリーナ古楽合奏団の演奏会映像
2003.11.22 銕仙会能楽堂にて行われたカテリーナ古楽合奏団のコンサート第一部のダイジェスト